<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< UMITAROU ABE in shure | main | しめ縄づくり >>
しめ縄作りの会




今年も冬の手仕事、しめ縄作りの会のご案内です。今年で3回目の会を
迎えることとなりました。ちょうどこの時期は島根県出雲地方には日本中の
神様達が集まり、神議をすると言われています。11日からは出雲大社にて
神在祭が1週間かけて厳かに行われるようです。
日本中の神様が出雲に出向いてしまいその土地の神様が留守になってしまうことから、
旧暦では神無月と呼ばれ、新穀でお酒を醸成する頃のため醸成月、
晩秋から初冬にかかる紅葉を濡らす雨が降ることから時雨月という名
もあるそうです。昔の日本人は本当に精妙な自然の移ろいとともに暮らしがあり
だからこそ、大いなる自然への畏敬の念、森羅万象、祈りを大切に考えていたの
だろうなと思います。shureでしめ縄を毎年作ることも、万物への敬意、感謝の心を
手を動かすことで改めて感じ、参加者の皆様と共に和のこころを結んでいける
会となればと毎年準備をしています。今年もやしろ農園の八城和也さんにお米作り
の際にしめ縄作りの会分の稲藁も収穫してもらい半年ほど空気にあたらぬように保管し
用意してくださいました。かずやくんにサポートしてもらいながらも
一つのしめ縄を作るのに2人ひと組になり、叩いて結ってと参加者のみなさん、
想像以上の力仕事に毎回とにかく真剣に取り組んでくださり、
ものすごく立派なしめ縄が仕上がります。


今年はご縁が繋がり、栃木を中心に活躍されているそぼくさんのお食事も
一緒にお楽しみいただけることになりました。先日、かずやくんと栃木県益子町
までそぼくさんの食事を頂きに行ってきました。
ひとつひとつ食材の味を生かし調理されているのだろうなと感じるものでした。
身体に染みわたり滋味深く、そして本当にとても美味かったです。
かずやくんは土とともに作物を作り、その作物で
そぼくさんは心を込めて素材と向かい食事を作る人。
季節の植物なども添えられたり、そぼくさんの料理は身体にもココロにも優しく、
とってもオススメですのでどうぞこの機会にしめ縄作りとともにお楽しみ頂けたら
と思います。



日時   12月8日(日) 10時〜14時くらいまで

場所   shure        

定員   10名   只今定員となりましたため御予約締め切らせていただきます
           キャンセル待ちでの受付とさせていただきます。


料金   しめ縄1本+食事一人分  2800円
          +デザート付き  200円
  
予約       cimai店頭 ☎0480-44-2576
               mail    yuzuri.inform@gmail.com


*御予約の際にはお名前、参加人数、連絡先、デザートの有無をお伝えください。
 料金にはしめ縄1本と食事一人分が含まれますので家族でご参加など
 の場合は食事のみ追加でお申し込みください。
 

※メールはしめ縄の会予約専用になりますのでcimaiのパンのことなどの疑問がありましたら
☎で対応させていただきます。当日はパン屋はお休みなので前日焼きのパンでよければ
お取り置きも可能です。ご希望の方は0480−44−2576までご連絡ください




そぼく  http://ameblo.jp/soboku1212/