<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< yoga | main | おむすびの会 ご報告と御礼 >>
おむすびの会



立春を過ぎ、和暦でいう睦月、新たな1年が始まりました。
ここ埼玉でも週末には大雪が舞い、まだまだ春の訪れを表面的には見つけることは
出来ませんが、自然の中に意識的に身を置いたり、よ〜く耳を澄まして、目を閉じ
てみると土の下の生き物たちや風の匂いや朝の光からほんのわずかながらも新たな
季節の伊吹を感じることができるように思います。


そんな待ちわびる春を食を通じて味わう素敵な会のご案内です。昨年、ご縁がつながり
しめ縄作りの会の食事を提供してくださいましたそぼくさんをお迎えし、ふき味噌の
作り方をレクチャーしていただきます。そして土鍋で炊く美味しいお米の炊き方も
教わりながらおむすびを握ります。


shureを始めたころからずっといつか開催できたらと心に秘めていたお結び会が
このタイミングで実現できることに本当にワクワクしています。そぼくの田村さんは
佐藤初女さんからお結びの結び方を教わられた方なので、あの初女さん流まんまる
おむすびの握り方も伝授していただけます。皆様とともに、あたたかな時間を過ごし、
またおむすびを通して和のココロも感じていただけるような時間になりますよう、
そぼくさんとともに準備皆様のご参加を心よりお待ちしております。

そぼくさんよりメッセージ

こんにちは。梅が咲き始め、桃色の山と木々の香りで春を感じなれる頃、ふきのとう
も寒中の寒さに負けず顔を出し、春に向かって生りはじめていきます。自然の営みに
感謝し春のお結びに最高のご馳走のふき味噌!みんなでふき味噌お結びを結んで
春を満喫しましょう。                                                  

 そぼく 田村清子     



日時   3月9日(日)
     10時〜 

定員   15名 
受付定員になりましたため一旦終了となります
        キャンセル待ちでの御予約はお受けできます。
                           


参加費  1800円
     ふき味噌+おむすび+お味噌汁つき

内容   ご自宅で作りやすい量のふき味噌の作り方を教わります。ふき味噌は
            保存にも最適です。時間の経過で美味しさが増すのでおむすびと一緒に
            お召し上りいただくふき味噌は植物性の甘味を使用してつくったものを
            事前に用意させていただきます。
 
   ご飯の炊き方 お米の洗い方、ご飯(五分付き米)を土鍋で炊く
   炊き方のレクチャー

     
ご予約
    cimai店頭か☎0480−44−2576
    mail      yuzuri.inform@gmail.com
    メールの場合は「おむすびの会」と記入してください
             ご家族でご参加ご希望の場合、お子様料金は無料となります。
      ただし、この場合はご家族さまの食事を一緒に召し上がっていただく
       ようになりますため、お子様分も食事を希望される場合はおひとり様
    +500円をいただきます。その旨ご予約の際にお伝えください。




9日は1Fのcimaiはお休みになります
8日焼きになりますがパンのおとり置きもできます
ご希望の方は
cimai店頭または0480−44−2576まで